風遊山人・環境芸術家 鶴田正明プロフィール

トップ  >  風遊山人・環境芸術家 鶴田正明プロフィール

26歳のとき、生まれ育った肥前町の禅寺「慈恩寺」本田義隆ご住職に出会って師事し、師の善導によって京都山科「一燈園」の西田天香師の下で修行を積みました。
造園業を天職として今までも、これからも生きてゆきます。

環境芸術家 鶴田正明の履歴

  • 1059年:鶴松造園創業 松の名木造りに命をかける。
  • 1972年:厳木町平之にご縁を得て、広葉樹の森(モミジ)の用地確保に取り組み始める。
  • 1975年:自然流造園推奨の実践を開始(鶴松造園)
  • 1976年:第一回佐賀県造園コンクールにおいて、衆議院議長賞、知事賞を受ける。
  • 1977年:第二回佐賀県造園コンクールにおいて、知事賞を受ける。
  • 1978年:第一回全国造園コンクールにおいて、衆議院議長、保利茂賞を受ける。
  • 1980年:昭和55年度モデル庭園作品展・古賀雷四郎参議院議員賞を受ける。
  • 同 年:高良花楽園(久留米市)の設立に参与。庭美(佐賀市)の設立に参与。
  • 1982年:風遊山荘を平之に建築して「山」に入り「もみじの森つくり」に没頭する。
  • 1988年:岡俊二・佐賀庭苑株式会社の設立に参与。
  • 1989年:ハウステンボス・バイオパークの緑化部・株式会社西肥園芸設立に参与。
  • 1992年:有尾和治・夢窓庭園の創立に参与。
  • 1994年:この頃より、林仙之塾の活動を立ち上げる。
  • 1996年:牧原増一・牧原造園の設立に参与。
  • 1997年:平之老人会が”もみじ”の植樹を始める。
  • 1999年:厳木町「町づくりのシンポジウム」のパネリストとして参画。
  • 2000年:平之もみじの里を作る会を設立。
  • 同 年:西海もみじ塾設立に参与。
  • 2002年(H14):佐賀県植樹祭(於:有田町)で「林仙之塾」の業績を評価頂き知事賞を受ける。
  • 2003年(H15):環境芸術の森づくり「ひとくち講演の集い」主催。(於:風遊山荘)
  • 2004年(H16):浦川内公民館活動・有機農法視察(於:西海町(株)岩松リサイクル現場)
  • 同 年:日本一ニラ生産者視察(於:森食品)
  • 同 年:有機農業と合ガモ農法視察研究会(於:西海町(株)岩松)
  • 同 年:平之お茶部会・有機農法視察(於:長崎県佐々町北村製茶)
  • 同 年:畜糞のリサイクルの機械研究セミナー(於:諫早市キョーエイ(株))
  • 同 年:60歳老人根性ツアー(宮上氏人生講談研究ツアー)(於:出水市)
  • 同 年:ゴミ発電研究ツアー(於:佐世保市重村社長)
  • 同 年:佐賀県第一回の赤峰循環農法の講演会(於:厳木町コミュニティーセンター)
  • 同 年:厳木町天川森を造る会設立参与。
  • 同 年:佐賀県第二回の赤峰循環農法の講演会(於:唐津市文化体育館小ホール)
  • 2005年:つまさき見つめる会
  • 2006年:佐賀県知事賞を受ける。(古川 康知事)
  • 同 年:サガテレビ環境大賞 優秀賞を受ける。
  • 同 年:九州緑化推進協議会会長賞を受ける。
  • 同 年:(社)国土緑化推進機構理事長賞を受ける。
  • 2010年:風遊山人・環境芸術家として精力的に活動中

私の願い

一歩一歩踏みしめて前に進みます。
  • 昔の森を取り戻す
  • 昔の川を取り戻す
  • 昔の海を取り戻す

風のふる里、厳木
作礼の山に住み、木や石と語り
自然に学び、小鳥の囀りに励まされ
仙境を志して、風雲二十年
不悟、未だ半なり

受賞歴

  • 1976年:第一回佐賀県造園コンクール・衆議院議長賞-受賞
  • 1977年:第二回佐賀県造園コンクール・佐賀県知事賞-受賞
  • 1978年:第一回全国造園コンクール・衆議院議長保利茂賞-受賞
  • 同 年:日本造園連合会会長賞(参議院議員・中西一郎)-受賞
  • 同 年:宇宙科学博覧会協会長賞(笹川一郎)-受賞
  • 同 年:日本造園アカデミー(会議議長・上原啓二)激励賞-受賞
  • 同 年:郷土栄誉賞(参議院議員・愛野興一郎)-受賞
  • 1980年:佐賀県モデル造園コンクール古賀雷四郎衆議院賞-受賞
  • 2006年:サガテレビ環境大賞 優秀賞-受賞
  • 同 年:(社)国土緑化推進機構理事長賞-受賞
前
環境芸術の森とは
カテゴリートップ
TOP
次
林仙之塾とは